痛みから探す病気 -からだからのシグナルを逃さないために-

痛みから探す病気トップ > 肘の痛み上腕骨内上顆炎(原因・症状・治療)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上腕骨内上顆炎(原因・症状・治療)

上腕骨外上顆炎との違いは同じ肘の炎症ですが、上腕骨内上顆炎は、肘の体側にある内上顆が炎症を起こしているものです。
上腕骨内上顆炎は、特にテニスやゴルフをプレーしている方や、中年期以降の女性に多く見られます。
重篤な場合には、外科手術による治療も考えられます。

原因

原因としては、体に合わないラケットやガットの張り方が適切でないラケットが原因の場合があります。
正しいフォームでプレーをしていても、サーブを打つ際に手首の関節を使うとともに前腕を捻るために肘の内側に負担がかかり、上腕骨内上顆炎を起こします。
さらに、ゴルフクラブをスイングする際にも使う筋肉ですので、ゴルフを頻回にプレーする方や、その他にも仕事で重いスーツケースなどを持ち運びする方などにも見られます。

症状

上腕骨内上顆炎はプロテニスプレーヤーやプロゴルファーにも見られる症状で、手首を内側に動かすためにある肘の筋肉の腱を痛めてしまった状態です。

テニスやゴルフをプレーしている時はもちろんですが、プレーしていない時でも、肘を曲げて重い荷物を持った時や、電車などのつり革につかまっているとき、手のひらを握りしめた時などに痛みを感じます。

上腕骨内上顆炎を起こしているにもかかわらず、治療をせずにテニスやゴルフをプレーしたり、重い荷物をもつなどを繰り返した場合、腱が骨から剥離し出血してしまいます。

治療法

痛みを感じる動作を止めることが大切ですので、完治するまでテニスやゴルフをしないことです。
治療法としては、対症療法になりますが、レーザー照射、干渉波、トップラー電療法、マッサージなどがあります。

症状が完治した時、是非しておきたいトレーニングがあります。
それは、ストレッチと筋力トレーニングです。具体的な筋力トレーニングとしては、前腕を固定し、手首の動きのみで500g程度の重さのバーベルを使って、上下に動かします。
そして、徐々にバーベルの重量を上げてトレーニングしていきます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加